今日は1限に、昨日の日記に書いたミニ授業をグループのみんなの前でやりました。「観劇のすすめ」と題して、宝塚歌劇団を中心に、好きな劇団の話をしました。ほとんどの人は宝塚を観たことがなかったので、写真をたくさん入れたパワーポイントや、実際の公演のパンフレットを使いながら、授業後には「ちょっと観に行ってみようかな」と思ってもらえることを目標に授業をしました。途中クイズなども交え、みんな積極的に発言してくれ、楽しい授業になりました。授業後の感想の中に「観に行ってみたくなった」というものがあったので、目標は達成☆ なんでも、自分の好きなものをお勧めして、それに興味を持ってもらえるって、嬉しいことですよね! 来週以降もほかのみんなの授業が楽しみです。
このミニ授業をした1限は、中学校や高校の教員になるために受けなければいけない「教職課程」の授業のひとつなんです。「教職課程」を修了して、教育実習に行き、その他様々な手続きを完了すれば、「教員免許」という資格がとれるんです! 皆さんの学校にも、教育実習生が来ていた覚えはありませんか? 教職課程の授業はほかにもたくさんあるので、また紹介します。