今日は1日中ESを書いています(泣)
定番の質問はいいんですが、独自の質問は時間がかかる~ 泣
と、今日もこの調子なので、前回の続きを書きたいと思います! 笑
さて、私立文系コースを選択するも、予備校に通うなと言われた私。
ただでさえ同級生よりできないんだから、早めに対策を始めなくては! と考え、受験勉強を始めました。それが高2の9月か10月だったと思います。
スキマ時間に単語帳を開いたり、朝早く登校して自習したり…
最初はクラスメイトに「えっサカメグが勉強!?」と言われたこともありました(笑)
でも一週間もすると言われなくなりました。
三か月すると、「最近頑張ってるよね!」と言われるようになりました。
半年がたち、三年生になると、テストの成績優秀者ランキングの下のほう~に登場するようになりました。
三年の夏休み明けには、上のほうにちらほら登場することも…!
大学に合格した時には、知らないうちにみんなに知れ渡っていて、
「本当に頑張ったね!」「成長したよね!」と言ってもらって、本当にうれしかったです(泣)
何が言いたいかというと、最初の一歩を踏み出すのはちょっと恥ずかしいし難しいけれど、周りの人に合わせるのではなく、自分から踏み出してほしいなということです。
そしてそのためには、自分で「この大学でこういうことがしたい!」と思える大学を見つけることが、モチベーションになります!
さて、この経験を糧に、私も就職活動がんばるぞ~!