今日は朝から都内の幼稚園へ出向き、動物介在活動と言う活動を行ってきました!
動物介在活動とは、子どもたちに動物と触れ合ってもらうことにより命の温もりに触れてもらい、命の大切さを理解し感性を豊かにすることをねらいとする活動です。そしてなんと、この活動に参加すると帝京科学大学でしか取れない独自の資格「動物介在教育アドバイザー」と呼ばれる資格が取れます!!
この動物介在教育アドバイザーと言う資格は、子どもたちに人間(自分)以外の他の生き物の命に触れてもらうために専門的な知識を駆使しながら動物との触れ合いを教育的側面からサポートする事ができることを証明してくれる資格になっています。
さて、そんな動物介在活動ですが、今回は5種類の動物の触れ合いを行いました。モルモット・ハムスター・ヘビ・フトアゴヒゲトカゲ・カメです!
どのクラスの子どもたちも自分よりも小さな生き物に触れ、その生き物の特徴や性質を知ることにより生き物を大切にしようという思いやりの心が生まれます。可愛いと言って積極的に動物に触れる子どもたちの姿が見れてとても良かったです(=^x^=)
さてさて、今日の写真はそんな動物達の写真。これはジャービルと呼ばれるネズミの仲間。この2匹は仲良しさんで、重なりながらお昼寝をしている姿がなんとも可愛らしくてついつい撮ってしまいました(^-^)
ではまた次回!