私は週に一回小学生向けの図工教室でバイトをしています。
幼稚園の年長さんから小学校4年生までいて、先生のアシスタントや、子供がこんなことをやりたい! でもどうやるんだろう? をサポートします。
子供たちは常に、私とは違った感覚でものを作っていて、平面から立体へ、どんな色にしたい、などキラキラした理想を持っています。
しかし、方法をまだ知らないので、子供だけの力ではすぐに理想はぺしゃんこに潰されてしまいます。
それを潰されないように、理想を大切にすることを助けるのが私の役割だと思っています。
これからも少しずつ私の身の回りから美術が好きになっていってくれる子供が増えたらなと感じました!