「生命科学」のスペシャリストを養成します

生物や生命現象についてあらゆる角度から研究する学問、それが「生命科学(ライフサイエンス)」です。生命科学は、私たちの健康で豊かな生活の充実に大きく寄与するものとして期待されています。北里大学では、生命現象を分子レベルから解明し、その研究成果を医療・保健衛生分野をはじめ、医薬品・食品・化学工業・環境などのさまざまな分野に応用しています。

安全で良質な医療の実現を目指す「チーム医療教育」プログラム

医療系4学部と2専門学校を擁し、14に及ぶ医療専門職を育成する教育を展開している。また、大学附属の4つの病院と連携した臨床教育も大きな特徴となっ ている。これら本学の特性を生かし、学部間および学部・病院間の教育連携によるチーム医療教育プログラムを平成18年度より開設。学生に、他職種の知識・技術、患者接遇を理解させ、職種間の相互理解と連携、協働できる能力や患者を総合的にケアーする能力を身につけさせる試みをスタートさせた。

充実した3つのキャンパス

最初の1年間は全学部の学生が相模原キャン パスで学びます。理学部、海洋生命科学部、医学部、看護学部、医療衛生学部の学生は卒業まで相模原キャンパスで学び、2年次からは、薬学部は北里研究所ゆかりの地である白金キャンパス、獣医学部は大自然を実感できる十和田キャンパスにそれぞれ分かれて専門分野を学びます。